カブトムシトラップを作る方法!仕掛ける場所や時間が大切

スポンサーリンク
子育て
この記事は約6分で読めます。

近年、雑木林が整備されて採れなくなったカブトムシ

絶好のポイントとなる樹液が出ているクヌギの木は、都心部では環境事業所によって伐採されてしまうことに・・・

それでも、クヌギの木がありボタ木が所々にある雑木林なら間違いなくカブトムシはいます。
ただ、 樹液の出る木は競争率が高く、朝早く行かないとカブトムシは他の人に採られてしまいます。

こんな環境なら樹液採集からトラップ採集に切り替えるのが効果的。

パパ直伝のカブトムシトラップと作り方、カブトムシが好むエサのレシピをご紹介します。

是非、チャレンジしてみて下さい。

カブトムシトラップおススメ3種と作り方をご紹介

カブトムシトラップは、文字通り「カブトムシの罠」のこと。

自然に頼っていても、カブトムシは寄って来ないので、カブトムシが好きな物でおびき寄せて捕獲します。

ペットボトルを使ったトラップ

画像引用: 昆虫採集兵器ノムラホイホイ 野村周平氏

魚のトラップにも使われるペットボトルのトラップで、 九州大学農学部昆虫学教室の助手だった野村氏の名前にちなんで 「ノムラホイホイ」 と呼ばれています。

材料費は安いのですが、一度入ったら簡単には出れないのが特徴

カブトムシやクワガタが好きな樹液の臭いに近いエサを中に入れ木にくくり付けて夕方にセット、夜か早朝にトラップに掛かった虫を回収に行きます。

用意するもの

何も高いものを購入する必要はありません。お子さんが飲む清涼飲料水のペットボトルの1.5リットル以上のもの。

工具などもわざわざ買う必要なし!自宅にあるものを有効活用しましょう。

  • 1.5か2リットルのペットボドル
  • カッターナイフ
  • ペンチ
  • 千枚通し
  • 結束バンド
  • ビニールテープかスプレー(黒、茶)
  • ロープか針金
  • エサ(バナナやパイナップルを発酵させたもの)

作り方

ペットボトルを上から10センチ位のところで、2つに切分けます。

小さい方を逆さにして、大きい方にかぶせて、カブトムシが通れる大きさに注ぎ口の方を切り取ります。この時、カブトムシが入れるけど出るのは難しいサイズの穴にするのがポイント。

重ねたペットボトルの適当な位置に千枚通しで穴を貫通させ、結束バンドで固定し、ペットボトルの胴と底に穴を幾つか開けて、雨水が溜まらないようにしましょう。

カブトムシは明るい所が大嫌い!最後に 光が入らないようにペットボトルの表面を黒いスプレーかビニールテープで覆い完成です。

ストッキングを使ったトラップ

カブトムシやクワガタの好きなエサ を直接クヌギの木に塗ってもいいのですが、物によっては垂れてしまい台無しに・・・

エサの垂れを防ぐのにストッキングを活用したトラップで、夕方セットして夜か早朝にトラップに掛かった虫を回収に行きます。

用意するもの

  • パンティーストッキング(使用したもの)またはビニールネット(みかんのアミ)
  • エサ(バナナを発酵させたもの)

作り方

使わなくなったパンティーストッキングの中に、カブトムシやクワガタの好きなエサを入れ、お目当ての木にくくりつけるだけと簡単です。

穴が開いているとエサが落ちるので、糸で縫い合わせるなりして補修しておきましょう。

ライトを使ったトラップ

カブトムシの光に集まると言う習性を利用したトラップ。

夏になると山間部のコンビニエンスストアや、温泉旅館の照明に飛来したカブトムシを一度は見たことがあるのではないでしょうか?

このトラップは自分で 光源を用意して同じ状況を作りカブトムシやクワガタをおびき寄せます。

用意するもの

  • 水銀灯
  • 白い布(シーツ等で可)

作り方

白いシーツを布団干しに掛けて両端を洗濯ばさみで留めます。

水銀灯等の紫外線が出るライトで白いシーツを照らして カブトムシやクワガタをおびき寄せます。

スポンサードリンク

カブトムシトラップのエサは何が一番効果があるの?

カブトムシトラップのエサは何が一番効果があるのでしょうか? フルーツトラップとして、バナナ、パイナップル、りんごなどがありますが、 バナナトラップが一般的です。

岐阜県の虫取りの宿ではパイナップルを使っていて、カブトムシ・クワガタの両方が採れたので、ここではバナナとパイナップルを使ったエサの作り方をご紹介します。

バナナトラップで用意するもの

  • バナナ
  • 焼酎
  • ドライイースト

バナナトラップの作り方

バナナの皮をむいてぶつ切りにして、焼酎とドライイーストと一緒にジップロックの中に入れます。

ジップロックを閉じて手で適度に揉み直射日光があたる場所に放置し、数時間おきジップロックが膨らみ発酵臭が出てきたら完成です。

パイナップルトラップで用意するもの

  • パイナップルの皮
  • 焼酎

パイナップルトラップの作り方

パイナップルの皮をぶつ切りにして、焼酎と一緒にジップロックの中に入れます。

ジップロックを閉じて直射日光があたる場所に放置し、数時間おきジップロックが膨らみ発酵臭が出てきたら完成です。

フルーツトラップを仕掛ける時の注意点は? 場所と時間がポイント

仕掛ける場所

フルーツトラップを仕掛ける場所は、カブトムシがいそうな雑木林の樹液が出ていない木にペットボトルを使ったトラップかストッキングを使ったトラップを使って設置します。

樹液採集ができないから、トラップを仕掛けるので樹液の出る木に仕掛けても意味がありませんし、仮に仕掛けていても、カブトムシは樹液に集まり効果も無いと思います。

また、仮にカブトムシが掛かっていたとしても虫取りに来る子供たちに採られてしまいます。

ペットボトルを使ったトラップ は電燈にくくり付けるのも効果的、雑木林近くの人気の無い場所で電燈を見つけたらチャレンジしてみて下さい。

仕掛ける時間

カブトムシトラップを仕掛ける時間は、日差しが弱まってくる16時以降がおススメです。

暗くなる前に仕掛けて発酵を進め、カブトムシの動きが活発になる20時以降に照準を合わせます。

バナナトラップは置けば置くだけ発酵が進むので、そのまま数日間放置し、パイナップルトラップは翌朝に引き上げます。

フルーツを発酵させた臭いは 樹液に似ている事もあり、カブトムシやクワガタ以外に色んな昆虫が集まります。

樹液の近くに設置するとスズメバチが寄ってくる場合もあるのでくれぐれも注意しましょう!

まとめ

カブトムシをトラップを仕掛けて採る方法について3つご紹介しました。

  • ペットボトルを使ったトラップ
  • ストッキングかネットを使ったトラップ
  • ライトを使ったトラップ

実際にパパと子供たちが経験したものなので、何かしらの効果はあると思います。

「樹液が出るポイントが無くなった」「最近めっきり採れなくなった」と言う方は一度チャレンジしてみて下さい。

もし、カブトムシが採れたら報告くださいね。

最後まで読んでくださりありがとうございました 。

スポンサードリンク
子育て
スポンサーリンク
ヒロコをフォローする
スポンサーリンク
バブル世代 の色々トーク
タイトルとURLをコピーしました