ポストタピオカのタロイモミルクとは?味や作り方を調べてみた

スポンサーリンク
グルメ
この記事は約3分で読めます。

タピオカドリンクのブーム もようやく一段落してきたのか、最近ではお店でも以前のような行列が見られなくなりコンビニでも常時在庫がある状態になって来ました。

色んなブランドのタピオカドリンク店 も出店ラッシュでタピオカの希少価値も激減・・・そうなってくると「タピオカの次は何が流行るのか?」が話題になってきますよね!

今回はポストタピオカの一番手と言われるタロイモドリンクのタロイモミルクについて調べてみました。

タロイモミルクとは

タロイモミルクテイーは タロイモと牛乳が原料の飲み物で、濃厚な味とコクが特徴のドリンク。

タロイモは 熱帯アジアやオセアニア諸島、アフリカ等の温暖な地域で栽培されている根菜類、実は日本のサトイモやエビイモはタロイモの一種なんです。

ハワイで タロイモ料理に使われているセレベスとか一度は聞いたことがあるのではあるのでは無いでしょうか?

実は台湾でタピオカドリンクのショップを227店舗も展開している Milksha の青山店で2019年10月に 販売開始し、既にメディアで話題になっているんです。

タロイモミルクのカロリーは高い?

ポストタピオカの1番手と言われるタロイモミルク。

材料に「芋」を使っているので、カロリーが高そうな感じがします。

もし、タロイモミルクが高カロリーなら、ダイエット中の体重が気になる女子には天敵・・・
そこで、タロイモミルクのカロリーについて調べてみました。

タロイモ100gあたりカロリーは112Kcal。炭水化物27g、糖分が0.4g、食物繊維が4.1g・・・
ごはん100gあたり168kcalなので、タロイモミルクにするとごはんのカロリーを超えそうな感じです。

流行中のタピオカミルクティーは 270〜550kcal位でスィーツ並みと言われているので、飲み過ぎると糖質の摂り過ぎで太りやすいんですが、タロイモには食物繊維が入っているのでタロイモミルクの方が低カロリーだと言えますよね。

タロイモミルクの作り方

台湾のお店では タロイモの粉を使って作りますが、日本では手に入らないので、タロイモを蒸して代用します。

タロイモの中まで火が通ったらペーストして、適量を牛乳と混ぜて出来上がり。夏はアイスで冬はホットで楽しめます。

タロイモは大きいので、一度に使い切るのは無理がありますので、蒸したらペーストにして冷蔵保存しておきましょう。

まとめ

ポストタピオカドリンクと言われるタロイモミルクについてご紹介しました。

タピオカよりは低カロリーですが、スイーツ並みのカロリーなのでダイエット女子には摂り過ぎ注意!

お店に並ぶのもいいですが、ご自宅でも作ってみてくださいね。

最後まで読んでくださりありがとうございました 。

スポンサードリンク
グルメ
スポンサーリンク
ヒロコをフォローする
スポンサーリンク
バブル世代 の色々トーク
タイトルとURLをコピーしました