海の日名古屋みなと祭花火大会2019穴場スポット3選と混雑状況

スポンサーリンク
地域のイベント
この記事は約3分で読めます。

海の日名古屋みなと祭花火大会は名古屋港で開催されている花火大会で名古屋港の夏の一大イベントです。

2019年は7月15日月曜日の19時30分~20時20分までの予定。

屋台も 600店舗も出店し人でも昨年は約36万人と名古屋市で最大の花火大会。

10号玉をはじめとした 大玉花火の連続打上げ、創作スターマイン。 フィナーレには、音楽とシンクロさせた メロディー花火など 約3000発 の花火が登場します。

今回はそんな海の日名古屋みなと祭花火大会の穴場スポットや混雑状況についてまとめました!

ぜひ、花火鑑賞の参考にして下さいね!

 

海の日名古屋みなと祭花火大会の無料の穴場スポット3選

花火大会は打ち上げ会場付近が、臨場感・迫力を味わうことができますが、混雑は避けられません。

ゆっくり花火を楽しめたり、帰り道に渋滞に巻きこまれにくい無料穴場スポットをご紹介させていただきます。

屋台を楽しみながら花火も見るという感じで立ち見でいいなら、築地口駅から名古屋みなと港駅の歩行者天国になる屋台広場なら誰でもみる事ができますよ。

1.荒子川公園

少し離れますが、ポートビルが見える場所を探すのがポイント。近所の人が多く、トイレもあるのでお子様連れにおススメ。

2.ガーデン埠頭2号岸壁

普段は入れない場所なので、意外と知られていない場所。毎年当日の17時に開放される。1時間位前に並んで待つのがベスト。

3.水族館南側緑地

ポートブリッジから立ち入り禁止になり、回り込んで行かなければならない為、意外に知られていない場所。芝生の上で観賞できる。

海の日名古屋みなと祭花火大会のベスポジ は?

名古屋みなと祭花火大会の打ち上げ場所は名古屋市営地下鉄名古屋港駅すぐで、名古屋市営地下鉄築地口駅から徒歩約10分程度ですが大混雑します。

混雑が嫌いな方は、あおなみ線稲永駅からがおススメ。徒歩約30分かかりますが比較的空いています。

 ※当日は会場周辺、国道154号線はじめ、築地口交差点より南の道路は交通規制が多く 、終日駐車禁止。

築地口駅から名古屋港駅間の国道154号線は歩行者天国になるため、15:00~22:00の時間帯で通行止め

基本的に何処からでも楽しめる花火大会ですが、その中でもベストな場所を選んでみました。

ガーデン埠頭3号岸壁

打ち上げ船の前で大人気の場所。当日は16時位までには場所の確保が必要ですが混雑は必須です。

雨天の場合は? 延期になったら振替開催はあるの?

名古屋港まつりの花火大会は基本的には雨天決行です。今年は荒天時は中止になるそうです。

まとめ

毎年多くの人が訪れる名古屋港まつりの花火大会についていかがでしたか?

ベストポイントはガーデン埠頭3号岸壁、穴場は3つご紹介しましたが、まだまだ沢山あります。少し離れると花火全体を見ることができま比較的空いていますので遠目で見るのもいいかも。

毎年多くの人であふれる花火大会なので、名港線の金山駅・日比野駅・六番町駅・東海通駅に車を停めて 「パーク&ライド」で 可能な限り公共交通機関をご利用くださいね。

海の日名古屋みなと祭花火大会 の概要

  • 日程:2019年7月15日(月曜日・海の日)
  • 時間:19:30~20:20
  • 場所 :名古屋港ガーデン埠頭一帯
  • アクセス: 名古屋市営地下鉄名古屋港駅(3番出口)より徒歩5分
          名古屋市営地下鉄築地口駅から徒歩約10分
         あおなみ線 稲永駅より徒歩30分
  • 駐車場 なし

お問い合わせ: 海の日名古屋みなと祭協賛会事務局  052-654-7894
        (名古屋港管理組合総務課広報・にぎわい振興室内)


        

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました