コロナ対策夏用マスクの自販機登場!価格や素材、付け心地はどう

スポンサーリンク
ニュース
この記事は約3分で読めます。

岡山県の倉敷市に夏用のマスクの自動販売機が設置され冷たいマスクが大ブレイクしているみたいです。

緊急事態宣言が解除され新型コロナウイルスは収まったと思いましたが、東京や北九州市で新規感染者がまた出始め「新型コロナの第二波」も予断を許さない状況。

暑い夏でもマスク着用しなければならない中、これはある意味救世主かも?

今回は新型コロナウイルス対策夏用マスクについて気になる事を調べてみました。

コロナ対策夏用マスクの価格や色は?有名ブランドマスクより・・・

岡山県倉敷市児島味野の児島ジーンズストリートにある自動販売機で販売されている布マスク1枚350円・400円
夏マスク(シルク)550円・600円・750円・800円幼児用350円
サイズは幼児用(縦9センチ、横13センチ)、( 縦11センチ、横18.5センチ )、( 縦13センチ、横21センチ )、(縦14センチ、横21センチ)まで4種類です。

色は定番の白のほかピンクや水色、緑、グレーがあり飲料用自販機で飲料同様にきんきんに冷えた状態で売られています。

暑い夏に冷えたマスク、しかも値段はすごくリースナブルこれからも大ブレイクしそうな感じですね。

コロナ対策夏用マスクを作った会社!素材は・・・

コロナ対策夏用マスクを作ったのは「有限会社渋谷商店」、自動車用シートの縫製を手掛ける地元のメーカーです。

自動車業界も新型コロナウイルスの影響で3月下旬から受注がストップ、 従業員の雇用確保の為に空いているラインでマスクの生産を始めました。

本業の方は緊急事態宣言の解除後も受注は戻らず、自動車用シートの生産ラインは3割ほどしか稼働していない状況、一方でマスクの生産が軌道に乗り、先月中旬から販路を拡大の為に自動販売機での販売も開始したという訳です。

素材は標準タイプが 表に綿のガーゼと中の素材に不織布、裏の素材にポリエステル、夏向けマスクは表に綿のガーゼと 中の素材にメッシュ 、裏にはシルクを使用。

優しい風合いを出す為に藍染めで手染めしています。

このマスクの市場価格は1,000円から2,000円!それを1,000円以下の価格設定とはかなりリーズナブルな価格で買えちゃいますよ。

渋谷商店マスクの気になる付け心地は

渋谷商店マスクことコロナ対策夏用マスクは口にあたる裏の素材にシルクを使用しているので、肌触りがいいのが特徴。

上と左右にワイヤーがあって紐の長さ調整ができるので長時間つけても耳が痛くなり難いそうです。中にもメッシュを使っており不織布と違って息苦しさはそう感じないので、これからの季節にはいいかな?

私は裁縫は苦手で解らないんですが、裁縫がセミプロ級の母に1枚プレゼントして値段を言ったらビックリしていました。

他のブランドマスクより「絶対買い」です。

まとめ

岡山県の繊維の町 児島を象徴するジーンズストリートに出現した夏用マスクの自動販売機。

製造元の有限会社渋谷商店は会社の公式サイト上でインターネットで販売をしています。

有限会社渋谷商店 https://www.shibusho.com/

本業の自動車用シートの縫製の回復にはまだまだ時間がかかりそうですが、夏用マスクはこの夏のトレンドになりそう!

皆様も良かったらお試しあれ!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

追伸

私も早速「夏用マスク」を家族分申込みました。

2,3日後にこんなメールが見積もりのPDFつきで届きました。

リンクは今流行の電子マネーのものでその場で決済完了。

夏用のマスクが届きました。

気になる付け心地は耳も痛くならないし、蒸れもそう感じずに長時間付けてもすっきり

値段も市場価格の3分の1程度なのでいい買い物でした。

スポンサードリンク
ニュース
スポンサーリンク
ヒロコをフォローする
スポンサーリンク
バブル世代 の色々トーク
タイトルとURLをコピーしました