Go To トラベルキャンペーンの使い方!実は注意する事が沢山?

スポンサーリンク
ニュース
この記事は約6分で読めます。

東京都や都市部を中心に新型コロナウイルスの感染はとどまらない中、環境庁・赤羽国土交通大臣主導での観光・運輸業やイベント・エンターテインメント業、飲食業などを支援し消費を喚起させる「Go To キャンペーン」が連日メディアをにぎあわせています。

4つのキャンペーンの中で最初に始まる話題の「Go To トラベルキャンペーン」について何となく聞いた事があると言うあなたの為に気になる事をまとめてみました。

go toトラベルキャンペーンとは?どんな仕組み

go toトラベルキャンペーンとは、国内旅行需要の平準化を目的としたキャンペーンです。

旅行業者支援と消費の喚起も当然ありますが、休暇取得の分散化・滞在型旅行の促進も目的の一つで、新型コロナ以前の生活に戻そうと言うもの。

その仕組みは宿泊や日帰りの国内旅行代金の半額相当を補助するものですが、結構ややこしいのが難点です。

旅行会社や予約サイトを通じて旅行商品を購入した人直接宿泊施設を手配した人を対象に、①旅行代金の割り引き( 旅行代金の35%分、宿泊旅行の場合は1人1泊当たり1万4000円、日帰りの場合は1人当たり7000円が上限 )や②観光地で使えるお得なクーポンの発行旅行代金の15%分で、上限は宿泊旅行の場合、1人1泊当たり6000円、日帰りの場合は1人当たり3000円 )を行います。

go toトラベルキャンペーンは利用回数の制限はなく、自治体が独自に行うキャンペーンと合わせて利用することもできるそうです。

1泊2日の旅行代金コスパがいいのは?シュミレーションした

旅行代金の割引は35%分で1泊最大14,000円、幾らの旅行がコスパがいいか20,000円から60,000円までシュミレーションしてみました。

 

旅行代金 補助金額
20,000円 10,000円(割引:7,000円+クーポン:3,000円)
30,000円 18,500円(割引:14,000円+クーポン:4,500円)
40,000円 20,000円(割引:14,000円+クーポン:6,000円)
50,000円 20,000円(割引:14,000円+クーポン:6,000円)
60,000円 20,000円(割引:14,000円+クーポン:6,000円)

結果は40,000円が一番コスパがいい事に・・・

go toキャンペーンはいつから?いつまで続くの

go toキャンペーンは元々は8月中旬の開始予定だったのですが、前倒しされて7月22日から実施されることになりました。 旅行代金補助の方法には2つあり、22日から先行して旅行代金の割り引きが始まります。

クーポンは準備に時間がかかるとの事で、9月中には始まることになっているそうです。

「go toキャンペーンはいつまで続くか」と言うと今のところは2021年1月末を予定、ただ1.1兆円の予算がなくなった場合も終了と言われていますが、混乱を防ぐ為にある程度の期間を設定することが予想されます。

go toキャンペーンの注意点について

go toキャンペーンはどんな旅行でもキャンペーンの適応対象となる訳ではありません。 事業者も参加事業者登録をしなければいけませんし、キャンペーン適用商品でないとキャンペーンの恩恵は受けれません。

go toキャンペーンを利用時の 見落としがちな注意点についてまとめました。

go toトラベルキャンペーンの適応対象

go toトラベルキャンペーンでは7月27日以降に準備のできた事業者(旅行会社)から、割引済の旅行商品が販売されるので、7月26日迄に予約していたキャンペーンの対象となる旅行は、適応対象外なので自分で還付の手続きをしなければいけません

7月22日からキャンペーン開始なので見落とし易いポイントです。

また、「 高齢者・若者の団体旅行、大人数での宴会旅行は控えてほしい 」と言う国土交通省からのお願いが出ていますが、 修学旅行・社員旅行も適応対象です。

go toトラベルキャンペーンの個人で還付する方法

7月26日までに予約した旅行はご自身で事務局に申請する必要があります。申請には領収書など(旅行したことを証明する書類)を郵送またはオンラインで提出しなければいけません。

還付金は事務局で書類を確認後、銀行口座への振込予定です。

交通費はキャンペーン対象外?

go toトラベルキャンペーンは個人で旅館・ホテルなどを予約した場合は対象になりますが、現地までの往復の交通費は対象外です。

旅行会社の「宿泊+交通手段」 のセットプランは1旅行商品として対象となります。

また、宿泊施設が付いているクルーズ、寝台列車、夜行フェリーも割引の対象になりますが、深夜バスは対象外です。

宿での注文は適応対象外?

go toキャンペーンでは事前に予約を行っていたもののみ適応対象。

宿で注文する飲みもの代、土産の代金は予約の時点で頼んでいれば適応対象、宿に着いてから追加注文するものは適応対象外です。

必要なものが解っていれば予約しておく事をおススメします。

旅行代金をポイントやマイルを利用して支払ったら?

最近はキャッシュレス化が進み、ポイントやマイルが溜まっている人も多いのでは無いでしょうか?

溜まっているポイントやマイルのみで、また現金やクレジットカードを併用して支払いしてもGo To キャンペーンの適応対象です。

自治体独自の観光キャンペーンと併用は可能?

go toトラベルは自治体独自の観光キャンペーンとの併用を制限していません

ただ、自治体によっては併用不否の場合もありますので、直接お問い合わせしたほうが無難です。

宿の割引券とGo To トラベルの併用は?

宿泊施設が独自に発行する割引券との併用は可能です。ただ、金額は割引適用後の価格での申請となります。

Go Toトラベルの対象外は?東京都にお住いの方の取扱い

東京都にお住いの方の旅行については、都内の新型コロナの新規感染者の増加もありGo To トラベルの対象外となりました。また、東京都が目的地となっている旅行や東京都内の旅行Go To トラベル事業の対象外となっています。

Go To Travelキャンペーンの対象は国内旅行限定なので海外旅行や外国人観光客も対象外ですが在日外国人は対象です。

Go To トラベルのお問い合わせ先

Go To トラベル事務局電話専用相談窓口
・一般の方:03-3548-0520
・事業者の方:03-3548-0525

・対応時間:9:30~17:00( 平日 )

まとめ

4つのGo Toキャンペーンの中から観光地を含む旅行業界を応援する Go To Travelキャンペーン について取り上げてみました。

世間は新型コロナウイルス第2波が来そうな雰囲気になっていますが、濃厚接触者に接触せずに3蜜を避ければ感染することはありません。

後に続くGo To Eatキャンペーン、Go To Eventキャンペーン、Go To 商店街キャンペーンも最大限に活用して、大幅な売り上げ減となった業界を応援して行きましょう!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

スポンサードリンク
ニュース
スポンサーリンク
ヒロコをフォローする
スポンサーリンク
バブル世代 の色々トーク
タイトルとURLをコピーしました